感染経路はSEX!淋病への対処方法をまとめます

症状の特徴

	 drug

性感染症にはさまざまな病気があります。今回は淋病について書いていきます。淋病とは淋菌による感染で起きる感染症です。男女ともに感染します。感染率は30パーセントですが、最近、増加傾向にあります。感染する方法は、性交渉、オーラルセックス、タオルから感染(しかし、淋菌は空気に触れると死滅してしまいますので可能性は低いです)します。男性の場合は感染後、数日で発症し、尿道炎になり、排尿時にひどい痛みを伴います。男性の場合はすぐに症状がでて、わかりやすいのに対して、女性の場合はなかなか気づかないことが多いです。症状としては子宮頚管炎になり、放置しておくと不妊の原因になる可能性があります。また、出産時において、新生児が母体から感染し、目の病気になるので注意が必要です。

淋病を防ぐにはやはり、性交渉しないのが1番です。100パーセント感染しません。次にコンドームを使って淋病を防ぐ方法がありますが、完全に防げるとは限りません。当然、オーラルセックスなどから口に移る場合は、防ぐことはできません。性感染症を防ぐには、不特定多数の人たちと性交渉を持たないというのがベストです。信頼のおける人のみと性交渉をするのが性感染症を広めない方法の一つではないでしょうか。先ほども述べましたが、生まれてくる赤ちゃんにも影響がでる可能性がありますので、性交渉の後、何か違和感を感じている方はすぐに病院に行って治療を受けてください。淋病の治療は可能です。そして、一人一人が気をつけることで感染を止めることができます。